STORY

天井が抜けて、2階から女の子がちてきた!?

ボロアパートに住む俺の、唯一の癒しは、美人な大家さんと可愛い2階の子。
そんなある日、天井が軋む音がして…バキッ!と底抜け、俺の真上に、2階のあの子が降ってきて…っ!?

奇跡のエロハプニングで、偶然つながるココロとカラダ。

そして、なぜか始まる美女2人との共同生活!?
一つ屋根の下、濃密すぎる三角関係の行く末は…!?

8
2人で密着、浮輪の穴。

俺の幼なじみ・柚子の登場で、ますますカオスになっていく俺の生活…!
しかも俺を取り合うために、4人で海水浴に行くことに!?美女3人の水着姿なんて…我慢できるわけねぇ…。
さっそく柚子とは一緒の浮輪に入ることになってしまい…ぎゅうぎゅうに密着して、たまらん…っ!
それに嫉妬した砂生には、小屋に連れ込まれ…迫られてっ!?
エロすぎて最高なんだけど…もう俺のカラダもたねぇよーっ!

7
壁にも…のぞき穴。

由紀さんと一緒に、砂生が主演の舞台を観に行くことに。
いきなり結構な濡れ場を演じる砂生に、目が釘付けになる俺。
隣を見ると、由紀さんも頬を赤らめてて…可愛い。
我慢できずに手を出しちゃう俺だが、由紀さんもなぜか受け入れてくれて…まさか砂生に嫉妬してる…?
バレないように声を抑え、砂生の演技と盛り上がりが重なるように…由紀さんと俺も高まっていき…。

6
同じ穴のむじな。

3人で温泉旅行に行くことになった俺達。
露天風呂から聞こえてきた女子トークは…「3人で楽しいことしたい」っ!?3人でって…それってまさか…?今夜は絶対寝れねぇ…っ!
なのに、夕飯食べたら砂生は早々に寝てて…由紀さんも酔っ払ってる…。だめだこりゃ…と思ってたら、浴衣のはだけた由紀さんが絡んできて…!?
赤らんで汗ばむカラダがエロすぎる…っ!砂生を待たずして…始めちゃうってこと!?

5
私の目は節穴じゃない。

エロいことしすぎちゃった俺を監視するため、なぜか砂生まで一緒に寝ることに…。
美女2人に挟まれて、寝れるわけねぇっ…!しかもお風呂に入ろうとしたら、そこにも砂生が!?
ごめん…っ!と退散しようとするも、一緒に入ろ?と誘われて…。
そこまで言われて逃げられるか…っ!
泡でぬるぬる!シャワーで責め責め!
あんなとこやこんなとこまで、徹底的に洗いっこしてやるっ!

4
穴があったら入りたい。

砂生が忘れてったパンツを由紀さんが見つけちゃって…問い詰められる俺。
今度こそ終わりか…と思ったら、玄関から突然砂生の声が!
それに驚き転んだ拍子に、由紀さんの前ボタンが弾けて…ぽろりっ!?
しかも砂生はパンツ探しに部屋へ入ろうとして…この状況、ヤバすぎる!
とっさに由紀さんと押し入れに隠れた俺。だけど暗くて狭くて密着してたら…外に砂生がいるのに…またエロいことしたくなってきた…。

3
穴から降りて、パンツがひらり。

由紀さんにイタズラしちゃって…部屋に境界線を引かれてしまった…。あの癒しが無くなるなんて嫌だ…と思いつつ、気まずい夜がまたやってくる…。もうエロいことは自粛しよう…と誓う俺だが、なんと天井の穴から砂生が降りてきたっ!しかもエロい格好で誘ってきて…!?隣に由紀さんいるのに…!バレたら終わりなのに…!でも、おねだり断るなんて男じゃない!しゃぁねぇ…!やってやるぜーっ!

2
上には穴、横には君。

砂生と密着してたのを由紀さんに見られて…完全に詰んだ俺。と思っていたら、大家として穴が空いた責任を取ると言い出し…!?
なぜか由紀さんと同じ部屋で暮らすことに!
だけど由紀さんの寝姿、胸とか尻とか無防備すぎる…っ!
しかも寝相が悪すぎて、向こうからガンガン密着してくる始末!ここまでされたらもうたまんねぇーっ!
ちょっとくらいちょっかい出しても…俺、悪くないよねっ!?

1
あの子へとつながる、穴。

俺はボロアパートに住む、冴えないフリーター・壮介。可愛くて巨乳の大家さん・由紀だけが心の癒し。
でも2階の住人が床を毎日ドンドンしてきて…許せん!怒りに行ったら出てきたのは、これまた可愛い女の子・砂生。
つい許しちゃった俺は、ついでに砂生でエロい妄想してたら…なんと天井が底抜けて、2階のあの子が落ちてきた!!
しかもそのまま「俺」の真上へ…こんなのもう、ガマンできるわけねぇーっ!!

© 鳩こんろ/Suiseisha Inc.